スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた女王の登場です 

一体、
どれだけジャンケンに負けたらいいんだろう・・・
今日も狙ったように最終決戦はまたもや加藤画伯ことKINGとQUEENの決戦でございました
まるで仕組まれたようなこの決戦
役者たちの大爆笑の中、画伯への仏ゴコロは一切捨てて立ち望んだにもかかわらず
負け取りました!(?)4度目の稽古場日記
これにてKINGとQUEENは「4回」の互角の回数
でも実は、篠原ゆうちゃんが5回稽古場日記を書いているので1位なのです!
が、総合負け回数(初戦から最終決戦までのすべてのジャンケンの回数)を考えると
ゆうちゃんは少数回数で負けていて、KINGは多数回数で負けているので
ダントツ画伯がKINGなのだそうです


今日も画伯は傑作を描かれました
どうやら男性キャストの湯煙シーンのようですよ
お楽しみあれ!

いやん
善さんモザイクです

スポンサーサイト

コメント

力作ですね!

目玉の親父ですか??(笑)
そういえば以前の記事で、「頭の先からあんなところまで毛がボーボー」と書いておられたのを思い出しましたなぁ。

あれ?上の写真はタオルで隠してあるけれど、下の絵は隠してない!
こだわり!?こだわりですか!?加藤画伯さんの職人魂を見ましたw
暖簾の“男”の文字がちゃんと逆になっていたり、芸が細かいですね~!

劇中にこんなシーンがあるのか、気になる所♪(いや、冗談ですw

あくまでも

人物はボクですが、
背景(どんぶりや暖簾)は西垣氏です!

逆男のこだわりは流石ですな!

同じ人相手だと確率が偏る

本番間近の最終盤に来ても、負ける面子が本当に変わりませんね~(笑)。
やっぱり、同じ人同士でジャンケンをすると、出す癖やパターンで勝敗が偏ってしまうモノですね。
そろそろ、あみだクジとかの別の勝負方法も取り入れないと、連敗の人が気の毒なような。
もしくは連敗オイシイ(笑)?

そして最後に、西垣さんのイラストが、もはや妖怪レベルの高身長(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tamatoza.blog29.fc2.com/tb.php/36-2c39dc77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。